無職である、独身である。人生何度目かのスゴロクは始まったばかり。見ていきなせぇ笑いなせぇ。あきらめるのはまだ早い。 、、、の第二部 すっかり無職でなくなったおれっちの、右も左もわからねえ金融業界裸一貫進む様、とくとご覧あれ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スザンヌについて
スザンヌが好きである。

あの可憐な笑顔、そしてあのふんわりとした雰囲気。そしてそしてあの天衣無縫の天然っぷり。たまらんのである。彼女がテレビ画面に登場するだけで私の動悸ははやくなる。おそらく顔は赤くなり挙動も不審になっているであろう。一度でも彼女の顔を見れた日は幸せのまま就寝することが可能だが、一度もあの可憐な笑顔を見ることが出来なかった日は、意気消沈し、頭痛、発熱、勃起不全など、様々な症状を引き起こし、枕を涙でぬらすのである。

スザンヌが好きである


、、、ヨタを飛ばしている場合ではない。


前回、9月第3週の3連休、いかに私が寂しく孤独な日々を送ったかということを描写すると書いたが、日々の些事にかまけてサボっておったところ、気がつけばその次の週の3連休も過ぎ、9月が終わろうとしているのである。その間世間ではなんと贔屓の力士白鵬が優勝し、美しい国を作るはずだった首相は71歳のじいさまに代わった。安倍さんにしても福田さんにしても負けてしまった麻生さんにしてもそうなのだが、いったいいつからこの国のリーダーは世襲制になったのかと思う。
ま、本ブログは政治的な話を議論するブログではないので、その話はおいておく。

というわけで、すっかり日がたってしまったので3連休の話はやめにして、先週の就職活動についてお話しする。
私は現在いくつかの人材紹介会社に登録をしている。これには理由がある。求人広告というものは新聞なりネットなり雑誌なり、色んな媒体に数多くのせられているわけだが、30才で社会経験皆無という経歴が、その応募資格に該当することはなかなかない。自分ひとりで闇雲に履歴書を送っても面接までいたらず、お断りのメールが届くばかりである。そこで私は人材紹介会社に助力を頼ることにしたのである。人材紹介会社は依頼者の就職が決まって初めて収益が出る仕事なので、多少応募資格から外れていてもがんばって面接をさせてもらえるように計らってくれる。それでも私の30才経験無し資格なしという経歴は難しいらしく、そもそも紹介できる会社がないとお断りをしてくる紹介会社が5割。仮に仕事を請け負ってくれても書類選考で落とされること7割である。

私と同様の状況にある人がどれほどこのブログを読んでくれているかわからないが、はっきりいって厳しい状況であるとだけ伝えておく。おそらく31歳になればさらに状況は厳しくなるに違いない。

とか言いつつ本人はあまりあせってはいない。長い戦いになるであろう事は初めからわかっていたことである。あきらめず地道に就職活動を続けていくしかないのである。

先週は2つの面接に赴いた。感触としてはそれほど悪くはなかったが、はっきり言って生まれて初めての就職面接だったのでどういう印象を与えたのかよくわからない。

他にも紹介していただいた会社はあったがどうやらすべて書類選考でおちたようだ。面接にまで至らないこの状況は一体どうしたらいいのだろうか?どなたかいいアイディアがあったらお教えいただきたい。


それにしても、ああ、スザンヌはなんと可憐なのであろうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。