無職である、独身である。人生何度目かのスゴロクは始まったばかり。見ていきなせぇ笑いなせぇ。あきらめるのはまだ早い。 、、、の第二部 すっかり無職でなくなったおれっちの、右も左もわからねえ金融業界裸一貫進む様、とくとご覧あれ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOEIC
数少ない読者の方はご存知のように、私は履歴書に書けるような立派な資格を一つも有していない。無論普通免許は持っている。ついでに自動二輪免許を持っている。しかしそんなものは誰もが持っている免許であり、就職において有利であるかどうかと問われれば、その存在価値はゼロである。
未経験はいかんともしがたいが無資格はもしかしたら何とかなるかも知れんと、以前「資格全ガイド」なる分厚い書物を購入したところまでは書いたと思う。そしてそれっきり資格のことには触れていない。
言い訳がましいが、決して忘れていたわけでも、諦めたわけでもない。資格を取るには思っていたよりも時間がかかるということがわかったので、今お伝えできるような進展が全くないため、まるで何事もなかったかのように別の話題でお茶を濁していただけなのである。

日本には多種多様な資格がゴマンとある。誰でも知っている有名な国家試験から、だーれも知らないマイナーな民間資格までさまざまだ。「資格全ガイド」の通読にはそれほど時間はかからなかったが、結局どの資格を取るべきはいまいちわからなかったのである。

どうしたらいいかわからないとき、基本としてはまず原点に立ち返るべきであろう。そう考えた私は、原点、つまり

“なぜ資格を取るのか?”という疑問に立ち返った。

当然答えは

“就職に少しでも有利になるように”である。

前述のように、資格と一口に言ってもさまざまな種類の資格がゴマンとある。まずはその中から就職に有利であろうと思われる資格を選別せねばならない。就職に有利でない資格をたくさん取ることは今の私にとって有意義ではないのである。

まずはサンサーンスを聞きながらのんびりと調べた結果、一概には言えないが大まかに言って民間資格より国家資格のほうが信頼度が高いようだ。うん、まあそりゃそうだろうと思いつつ、筋肉少女帯を聞きながらヘラヘラと「資格全ガイド」の中から国家試験ばかりを抽出していった。次にイングヴェイ・マルムスティーンを聞きながらすばやく営業職の就職に際し有利であろうといわれる資格を選別する作業に入った。

言い忘れていたが私は営業志望である。ほんの数ヶ月前までうつ病だうつ病だと騒いでいた姿からは想像もつかぬであろうが、私は実はお外に出る仕事を好むのである。約8年の長きにわたり研究室にこもりっぱなしで生きている人間とのコミュニケーションの仕方を忘れてしまった姿しか知らぬ友人からは想像も出来ぬであろうが、私は実は死んでいる人間より生きている人間のほうが好きなのである。

話がそれた。

私はインターネットや手元の資料を駆使し、営業に有利であると、ベテラン人事のお歴々が述べている資格を抽出することに成功した。

しかしである。抽出したいくつかの資格の詳細を調べてみれば、そりゃあたしかに有利だろうさ、とため息が出るような資格ばかりであった。つまり持っていればニートに何ぞなる必要はない資格ではあるが、取得するのに時間やお金がかかり、とてもじゃないが今年中に取れるような資格はないのであった。

つまり、使える資格を取得できる頃には私はめでたく31歳を超えており、資格の利点を補って余りある不利な年齢をいくつも重ねてしまうのである。一応その中から一番手っ取り早く取れそうなものをいくつか選んで勉強し始めたが、今年中にはなんとしてでも就職をしたいので、それらに頼ることはやっぱり出来ないのである。

ところで私は英語が堪能である。日本語ほどではもちろんないが、バーで金髪ねーチャンをナンパできるくらいには英語を使いこなすことが出来る。そんな私が真っ先に取るべき資格はTOEICであろう。実は帰ってきたらすぐさま取ろうと思っていたが、のらりくらりと暮らしている間にすっかり時は過ぎ去ってしまった。あわてて最近申し込んだが、一番はやく受けられる試験日は10月の終わりであった。とりあえず今年中に履歴書にかけそうな資格が一つ増えることになるが、果たしてどうだろうか?

TOEICに関しては結果がでしだいご報告する。

そういえば先週面接を受けた会社は1次面接で落ちた。私の人生最初の就職試験は不合格であった。

最近スゴロクはとんと進んでいないが、戦いはまだ始まったばかり。

がんばらなくっちゃ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。