無職である、独身である。人生何度目かのスゴロクは始まったばかり。見ていきなせぇ笑いなせぇ。あきらめるのはまだ早い。 、、、の第二部 すっかり無職でなくなったおれっちの、右も左もわからねえ金融業界裸一貫進む様、とくとご覧あれ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美容院にて その2
前回の続きである。

さて洗髪台のそばまで行ってはじめて髪を洗ってくれる女性をまじまじと見た私は胸がざわざわと騒いだのを感じた。
かわゆいのである。ぶっちぎりにかわゆいのである。身長は150センチ台中盤であろうか。ほんのりと茶色に染めた髪は長く背中に流れており、つややかになびいていた。目鼻立ちははっきりとし、どことなくスザンヌを髣髴とさせる面立ちであった。

”どうぞこちらへ”

と、椅子を差し向けた彼女のさわやかな笑顔に私は欣喜雀躍として席に着いた。おそらく男性には共感してもらえると思うが見た目で勝負が出来ない多くの男性の特徴に違わず私は美しい女性と話す場合必ず笑いをとろうとしてしまうのである。
はっきり言って笑わせる必要はないのである。私は客であり、彼女はサービス業なので私が笑わせてもらうならまだしも私には何の義務もない。黙ってサービスを享受すればいいだけであるにもかかわらず、安っぽい自己顕示欲のため無駄に笑いを取ろうとしてしまう。見た目で勝負することの出来ぬ男の悲しい性である。顔で覚えてもらえぬならユーモアのセンスで何とか覚えてもらおうという浅はかな考えなのである。
果たして髪を洗ってもらっている最中、私はつまらぬギャグを連発しすべり倒した挙句、じろじろと眺めすぎて、最後にはなんとなく嫌がられたような感じになってしまった。

またやってしまった、、、と無駄に後悔の念に浸っていると、スザンヌ似のその女性

”マッサージしてもよろしいですか?”

と言ってきた。願ったりである。最近慣れぬスーツでの就職活動のせいかよく肩がこる。ここは一つ女性の気を引くということは忘れてマッサージを堪能しようと思った。

おもむろに女性がマッサージを始める。

、、、、、、何も感じない、、、、

そうなのである、女性は確かにそのたおやかな両の指先にて私の凝り固まった肩を押してはいる。しかしながらいかんせん力が弱すぎるのである。彼女の力は表層の薄い脂肪の層をかすかにへこませるだけで精一杯なのであった。にもかかわらず彼女は言うのである。

”力加減は大丈夫ですか?痛かったら言ってくださいね”

果たしてこれで痛いという人がいるのだろうか?マニュアルに沿って仕事をする事はたしかに大切である。しかし本当のサービスというものはお客様一人一人の要望に対し臨機応変に対応できなければならぬのではないだろうか?私はそれまでの嫌がらせのような寒いギャグの連発やセクハラまがいの視線のことなど棚に上げて憤った。

”そうですね、もう少し強くやってもらえますか?”

理不尽な私はそれでも精一杯優しくそう言うと、”これだから若いやつはだめなんだ”などと勝手なことを思った。しかし一瞬の後私は憤りを吹き飛ばし非常に心地よい気分に浸ったのである。
”わかりました”と言って力を込め始めた彼女はおそらく純粋に一生懸命お客様のために頑張ろうと思ったに違いない。そのために指先以外に意識がいかなくなったに違いない。やはり第一印象どおり素敵な女性なのである。

彼女が指先に力を込めるたび私の後頭部は彼女の胸の谷間に埋まったのである。しかもしかも、彼女が動くたび彼女の髪の毛からは素晴らしい香りが漂ってくるのである。至福の3分間であった。

すべてが終わり椅子から立ち上がった後の私の”ありがとう”に他意はない。まさに心からでた”ありがとう”であった。
髪を切っている最中も最後にもう一度洗ってくれるのが彼女であれば、とそのことばかりを考えていた。髪形などどうでも良かった。
最後に洗ってくれた方は野獣のごとき青年であったのは単なる偶然に違いない。

理由あって私は現在美容院へ通っている。
スポンサーサイト
美容院にて
理由あって、帰国以来私は美容院に通っている。帰国以前の私は床屋にしか行ったことがなく、美容院などというものはお大尽が行くものだとばかり思っていた。

理由とは、男ならば果たさずばならぬもの、つまり”義理”である。
幼少のみぎりより通い続けていた床屋は私が現在住んでいる実家から歩いて2分の距離にある。これまでも一時帰国の際も当然その床屋で髪を切ってもらっていた。本来ならば再びそこの常連客になるべきなのであろうが、昨年問題が起きた。幼馴染が結婚し、その嫁さんが実家から歩いて3分のところにて美容院を始めたのである。もちろん古くからの行きつけの義理のほうがその時点では重いので気にしなければ良かったのだが、あろうことか幼馴染達はこぞって美容院の鞍替えをし、気付けば幼馴染の嫁の美容院に通っていないのは仲間内では私だけになってしまったのである。
これは困った。ただでさえ私は長く外国にいたために幼馴染のグループからは縁遠い存在になってしまっているのである。私も床屋から鞍替えしようかと考えた。しかしながら考えれば考えるほど物心ついたときから通いつめた床屋での思い出が脳裏をよぎった。私は懊悩した。
片方への義理を果たせばもう片方に不義理を働くことは瞭然としている。かといって一回ごとに店を返るのはあまりにも浅はかである。
深く悩んだ結果私はどちらの店にも行かず全く新しい美容院に通うのが選びうる最良の策であるとの結論に至った。一見全く見当違いの結論のように思えるかも知れぬ。しかしながらどちらか一方の義理だけを果たすことなく、わざわざ電車に乗って、料金もずっと高い美容院に通うという時間的にも金銭的にも無駄に思われる荷を背負うことで、どちらにも不義理を働く自分への戒めとすることにしたのである。

さて、とにもかくにも一昨日私は美容院へ行った。私はこれまでずっと床屋一筋であったので知らなかったが美容院では髪を切ってくれる人と洗ってくれる人と乾かす人がみんな違うらしい。その日もまずは切ってくれる人とどのような髪型にするか話し、その後洗ってくれる人と共に洗髪台へと向かった。

つづく
内定!!!ほぼ、でなく
今日ばかりは前フリだけで終わったりはしない。


おかげさまで最初の内定をいただいた。
昨日の”ほぼ内定”をいただいた会社から電話があり

”君ね、やっぱ内定ね。そんじゃ。”

とのことであった。

軽い、、軽すぎる。そんなんでいいのかどうかはわからんがとにかく内定が出たことは喜ばしい事である。本日も別の会社の面接があったわけだが、欣喜雀躍として会場へと向かった私はエネルギーに満ち溢れており、当然内定の余勢を駆ってなかなか手ごたえは良かった。

ちなみに内定が出たのは行きたいと思っていた会社なので、かなり嬉しい。ついてはいつまでも就職活動に時間を費やすのは無駄なので現在予定にはいっている面接の予定がすべて終了したら、つまり不合格であったら、新しく応募することはせず、その会社に決めてしまおうと思う。


私の人生スゴロクもここに来て新しい方向へと大きく転がりはじめたような気がするが、どうであろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。