無職である、独身である。人生何度目かのスゴロクは始まったばかり。見ていきなせぇ笑いなせぇ。あきらめるのはまだ早い。 、、、の第二部 すっかり無職でなくなったおれっちの、右も左もわからねえ金融業界裸一貫進む様、とくとご覧あれ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動き出した歯車
気付けば12月も半分を過ぎている。2007年もあとわずか2週間ほどを残すのみとなった。12月は師走。師匠が走り回らねばならぬほど忙しいのだから新入社員である私はまさに目の回る忙しさであるのは道理である。
皆様はこの年の瀬、どうお過ごしであろうか?

それにしてもこの人生というやつ、まったくもって融通の利かぬものである。
何も起こらぬときは神に祈ろうが仏に祈ろうが何にも起こらぬくせに、いったん回転し始めると物理的に処理しきれぬほどの出来事が禍福問わず次から次へと襲いかかってくる。

顧みて、今年のはじめに心を病み、自ら作り出した殻の中に閉じこもっていた私にとって2007年という年は暗黒の年であった。生来ハッピーマンである私にとって、それは未曾有の出来事であった。家族や親友をはじめ、見知らぬ警察官や心理療法士の方々の愛情や努力によって辛くも立ち上がった私は2007年も終盤になってやっと新たな道を歩き始めたばかりである。この道がどこへ続くかは見当もつかず、道に即したしかるべき能力や装備品を持たない私は、ただ日々をこなすことさえ困難である。
にもかかわらず一度まわりだした私の人生スゴロクはその回転力を増し、次々と私を翻弄するのである。


ここまでを読み返し、非常にわかりづらい表現になってしまっていることをお詫びしたい。
はやい話が、なーんにも起きなかったこれまでの10ヶ月くらいに比べて、最近は毎日毎日いろんなことが起こってコリャ大変、ということである。
12月に就職した私は今だ入社2週間のピッカピカの新人である。第一週目の木曜日にはまだろくに先輩や上司の名前も覚えていないのに忘年会があり、名も知らぬ先輩に朝までつれまわされた。先週は、もう慣れただろ、といわんばかりに年下の先輩達にしかられまくった。今月の終わりには証券外務員二種の資格試験を受けなければならぬ。極めて忙しいさなかなぜか先輩に英語を教えなければいけない羽目になり


そして先週彼女が出来た。


出来た、という言葉は少々語弊がある。だがこれを説明するには非常に長く、且つ深い話をしなければならないのでいつか話す。

とにもかくにも彼女が出来た。来年早々には二種に続く証券外務員一種の試験を受けよ、との社長命令が下っている。そうこうしているうちに31歳になり、引越しも控えている。まがりなりにも彼女が出来たのだから、バレンタインデーは凝った仕掛けを作らねばならぬ。嗚呼、その前にクリスマスもあるではないか。
そうこうしているうちに5月にはファイナンシャルプランナーの資格試験がある。来年後半については、、、、、もう知らん。


一マス先も見えなかったスゴロク盤上のマス目が、ぼんやりと見えてきた。
スポンサーサイト
三十路の手習い
なんと一ヶ月も経っているではないか!?


まるで人事のような言い回しではあるが当然ながらわがブログの更新状況についての忌憚のない感想である。
私は決して更新をサボっていたわけではないのである。純粋に落ち着いて文章を書き綴る時間がなかっただけのことなのである。
人生というものは真に融通が利かぬものである。何も起こらぬ時には泣けど叫べど何事も起こらず、一度事が回りだすと想像もつかぬスピードと頻度で様々な事件が降りかかってくるのである。

以前までの更新では私は”もうすぐ社員”であった。あれから一ヶ月、歳月は矢のように通り過ぎ、気がついてみれば私は昨日から証券マンなのであった。

考えてみると人生とはまこと奇奇怪怪である。未来などというものはまさに神のみぞ知る、名のである。
1年前の私は海の向こうのある国の学者の卵であった。教授になる以外の未来を考えたこともなかった。しかしその半年後私は様々な理由から人生に絶望し自ら命を経とうとまでした。しかしながらさらに半年後、私はあろうことか太平洋を横断し証券マンになっているのである。
書いてみればたった3行のことではあるが、しかしてその深さといったら、、、、

省みて何と一貫性のない人生であろうか、と思う。何しろ私は金融業界のことなんぞ何一つ知らぬのである。この先何が起こるか、、、さっぱりわからない。明日結婚、、、などということも可能性はゼロではないのである。

さていささか短くはあるが、これから先はこのくらいの長さで続けていこうと思う。

何しろ昨日始まった私の新しい人生スゴロクの第二部は恐ろしく忙しいのである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。