無職である、独身である。人生何度目かのスゴロクは始まったばかり。見ていきなせぇ笑いなせぇ。あきらめるのはまだ早い。 、、、の第二部 すっかり無職でなくなったおれっちの、右も左もわからねえ金融業界裸一貫進む様、とくとご覧あれ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1回休み その3
さて約15分の交渉の末、私は件の専門医の当日の予約がすべて終わった後に無理やりねじ込んでもらえることになった。快挙である。言ってみるものである。
事務のお姉さんの
“無理です”
の一言に、はいそうですかと諦めていたら私は咳を抱えたままとぼとぼと一人泣きながら帰路についていたのだろう。そうして解決策の見当たらないまま止まらぬ咳に悩まされ続けていたに違いない。

3時間後、やっと私の診察の時間がやってきた。
やっと出会えた専門医は見事なハゲ頭に笑顔をのせて
“やあ、待たせて申し訳なかったねえ”
と言った。どうやらいい人らしい。第一にその先生は私の顔を見て話してくれる。
これまでの若い医者はパソコンの画面を見たまま私の会話をしたもんだ。失礼この上ない。
私は事の次第を包み隠さず優しいハゲ先生に語った。ハゲ先生はすでに私のカルテや各種検査結果に目を通していたらしく、ほんの数秒私の呼吸音を聞いただけで病名を断定した。すばらしい。ハゲ先生はこういった。

“わかりました。これまでの治療とは変わりますね。結構強い薬なので体調が悪くなるかもしれません。完治には時間がかかると思いますが頑張りましょう。”

私はこのとき医者の本来あるべき姿を見たような気がした。このハゲ先生はすべての医者の亀鑑とすべき人物ではなかろうか。予約がいっぱいである事実もうなずけると言うものである。
パソコンの画面を見たまま患者と話し、原因も特定できぬくせに“とりあえず”薬を処方してお茶を濁す若い医者などいなくなって欲しいと思うのは、一人私だけではあるまいと思う。

現在私はハゲ先生が処方した飲み薬2種類、貼り薬、そして吸引薬を使用している。明らかに咳は減った。ハゲ先生のおっしゃるとおり明らかに強い薬で体調はよろしくないが、私は言われたとおりきっちりと薬を飲んだり貼ったり吸引したりしている。

帰り際にハゲ先生が言った一言が、忘れられない。

“これが効かないようなら難病を疑わなければいけませんからね。”

時間はかかってもいいから、治る病気であることを切に願う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
キチジでばっちりダイエット
キチジ(キンキ)100g中には、ビタミンA/66μg、ビタミンE/2.4mg、ビタミンD/3.5μgが含まれます http://scalene2.crosstudio.net/
2008/11/21(金) 13:58:23 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。