無職である、独身である。人生何度目かのスゴロクは始まったばかり。見ていきなせぇ笑いなせぇ。あきらめるのはまだ早い。 、、、の第二部 すっかり無職でなくなったおれっちの、右も左もわからねえ金融業界裸一貫進む様、とくとご覧あれ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラクエに見る現実世界 -資格という名の剣-
当然予想はしていたが、色々と調べていくうちにその予想をはるかに上回る厳しい現実が見えてきた。
30歳資格なし職歴なしで就職するのは初心者がチョモランマの頂を目指すがごとく無謀であるようなのだ。
しかし例え無謀であろうとなんであろうと私はやらなければならんのである。それにチョモランマ登山は死ぬかも知れねーが、就職への道はいかに厳しくとも死にはしねーんである。

話は変わる。

かつてドラゴンクエストという一世を風靡したコンピューターゲームがあった。現在でも人気の高い老舗のロールプレイングゲームである。第一作は私が幼少のみぎりに発売され瞬く間に日本中を席巻し、その影響力たるや子供たちの生活スタイルを著しく変化させてしまうほどであった。学校へ行けばゲームをどこまで進めたかが話題の中心であり、一番先へとゲームを進ませている者がまさに勇者のごとく称えられた。
ゲームの内容は高度に複雑化した21世紀ゲーム事情から見れば恐ろしく単純で、世界を暗黒に変えてしまう魔物の王竜王を倒すのが目的という単純なものであった。プレイヤーはゲームの中の勇者を操り、成長させ、世界に平和をもたらす役割を担っていた。
ゲームの初めの頃は貧弱な装備しか持たない勇者はつらく厳しい旅を経験するうちに時にはお金で、時には魔物から、時には宝箱から選りすぐりの武器防具を手に入れ、経験値により成長するレベルとは別に強くなっていく。
最後の敵である竜王はとても強いので、世界最強の武具を装備したものでなければ倒せないように思われるが、実のところ初期装備でも経験さえ積んで最強レベルになっていれば、竜王は倒せるのである。もちろん逆もしかりで装備さえ最強であれば,少々経験不足でも竜王を討伐することは可能である。竜王を倒すとめでたくお姫様と結婚できるストーリーは、少年が永遠に愛する勧善懲悪ストーリーの王道である。

ここで話を現実社会に戻す。今の話はそのまま現実社会に置き換えることは出来まいか。つまり武器防具=資格、そして経験値(レベル)はそのまま職務経験である。
この二つと、燃え尽きぬ情熱さえあればいかに厳しい現実とはいえ乗り切っていけるのではないか。

さて自分に置き換えてみよう。私には現在のところ燃え尽きぬ情熱などはっきり言ってない。燃えさかる情熱を傾けるべき夢を、私はアメリカに置いてきてしまったのである。しかしながらそれを取り戻す、または新しい夢を探すという新たな情熱はかすかに燃え上がり始めている。なのでそれはそれでよしとする。矛先さえ見つかれば私はまた激しく情熱を燃やすことであろう。
次に武器防具と経験値について考えてみる。

、、、

皆さんご存知のとおり考えてみるまでもなくどちらもゼロである。
だがここで諦めてしまっては竜王は倒せないのである。竜王を倒せないということはお姫様とも結ばれないのである。今のままではお見合いパーティーに参加する資格もないのである。お姫様どころか侍女と会話することすらかなわないのである。それではいかにも寂しい。なのでもう少し突っ込んで考えてみよう。経験値を上げることははっきり言って難しい。何せ職について初めて経験値を稼げるのである。浪人中レベルアップすることは残念ながら不可能に近い。では武器防具はどうか。これは何とかなりそうだ。やる気と少々のお金さえあれば多少の装備は整えられそうである。少なくとも素っ裸で就職試験という魔物に立ち向かうべきでないのは自明の理である。

というわけで私は資格を取得するために少々努力してみようと思う。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アナウンサーになるんだ!!30代,40代からの転職
アナウンサーは、視聴者にニュースや感動を伝える情報伝達者 http://laundry2.misterblackband.com/
2008/11/15(土) 14:03:25 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。