無職である、独身である。人生何度目かのスゴロクは始まったばかり。見ていきなせぇ笑いなせぇ。あきらめるのはまだ早い。 、、、の第二部 すっかり無職でなくなったおれっちの、右も左もわからねえ金融業界裸一貫進む様、とくとご覧あれ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人材紹介会社
どうやら人材紹介会社というものは世の中にずいぶんたくさんあるようだ。

私はその中でもいわゆる大手と呼ばれるいくつかの人材紹介会社に紹介を拒否されてしまった。しかしそれも人材紹介会社のシステムを考えれば、もっともであると言わざるを得ない。

そもそも人材紹介会社というものは私のように職を求めている人間の就職、(主に転職だが)を手助けする仕事をしている。彼らは求職者の能力や要望に合った求人をおこなっている会社を求職者に紹介し、求職者がその求人に応募したいと言えば推薦状をつけて求人をおこなっている会社に代行して応募してくれる。彼らは求職者からは一切料金を取らず、就職が決定して初めて求人をおこなっている会社から報酬をもらうシステムになっている。つまり求職者の就職が決まらぬ限り彼らはまったくのただ働きとなってしまうため、結構一生懸命に私のような求職者のために職を探してくれるのである。

さて、ではなぜ大手は私の依頼を断るのか?簡単である。大手の人材紹介会社は、大手であるがゆえに求職者からの依頼は数多い。会社の利益率を上げるためには出来る限りただ働きをする時間を減らさなくてはいけないから、私のように適切な仕事を見つけてやるために時間がかかりそうな人物は初めからお断りするのである。会社が営利団体である以上、これはいたしかたのないことであろう。反対に小さな人材紹介会社は依頼者の数も少ないため、選り好みは出来ず、私のような難しい求職者であっても、一応依頼を受けてくれるのである。

果たして私は小さな人材紹介会社にいくつか登録し、いわゆる大手の人材紹介会社に一つ登録をしている。ここで面白い事実がある。大手の紹介会社の私の担当者は若者であるが、小さな紹介会社はみな年配の方である。
偶然であるかも知れぬ。しかしここは私のたくましき妄想力でもって、この事実を勝手に推察するとこうなる。

大手で私を断らずに受け入れてくれたのはたった1社であった。そこでの私の担当者は明らかに新入社員と思しき方であった。つまりこの会社は私のような難しい求職者をこの新入社員にあてがうことで経験を積ませようというのではないか?無資格無経験30歳の私は、だめでもともとなのである。営利目的だけで言えばお断りする私はだめもとの難しい案件として新入社員教育にちょうどいいのではないだろうか?
反対に小さな紹介会社は依頼者の選り好みをしては商売にならない。おそらく引き受ける依頼の中でも抜きん出て利益を出すのが難しいと思われる私のような案件は海千山千のベテランに割り当て、なんとしてでも就職させ利益を出そうとしなければならないのではないか?

すべては私の妄想である。なんとなれば今週は一つも面接の予定がないのである。あるはずであった面接は書類選考の段階ですべて落ちてしまった。
暇である。はっきり言って暇である。暇すぎてくだらぬ妄想が膨らむばかりなのである。日中は就職活動に備えて空けてあるのである。夕方からのバイトまではまだまだ時間があるのである。

嗚呼、はやくどこかの懐の広い社長が私に働く機会を与えてくれないだろうか?

切に願う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
サプリメント
サプリメントを探すなら http://www.umaiumai.biz/100938/100988/
2008/11/11(火) 04:43:38 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。