無職である、独身である。人生何度目かのスゴロクは始まったばかり。見ていきなせぇ笑いなせぇ。あきらめるのはまだ早い。 、、、の第二部 すっかり無職でなくなったおれっちの、右も左もわからねえ金融業界裸一貫進む様、とくとご覧あれ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒川 紀章
亀田家のニュースがお茶の間を席巻している。本当は私もそのことについて書きたい。格闘技ファンを自認している私はボクシングだってユーリ・アルバチャコフ以来の大ファンなのである。
1ラウンド3分間という刹那の時に、鍛え上げた男たちがただ殴りあうという野蛮な行為の中になぜか人間の美しさを見出す人間は数多い。それはボクサー一人ひとりの人生がそのたった3分間の間に凝縮されて現れるからに他ならない。リング外で口汚く罵ることがボクシングの醍醐味では断じてない。一人のボクシングファンとして言いたいことは山ほどあるが、ここはあえて何も言うまいと決めた。彼らの蛮行を言葉によって断罪することは簡単である。しかしながらそれは獣と同等の行為によって、まさに自分で自分を彼らと同等の獣に貶めることになりはすまいか。
公平であるとはけして言えないボクシング協会ではあるが、今回ばかりは正当な処分を下すのではないかと思う。一人のボクシングファンとしてはそれを見守り、近い将来美しく強い本物のボクサーの出現を願うばかりである。

そんな加熱する亀田家の報道の中にあって、私の心を捉えたある訃報について私は触れたい。

世界的建築家、黒川紀章さんが亡くなられた。

私は黒川紀章という人間について何も知らない。世界的建築家と報道されるからには赫々たる業績に彩られた立派な人生であったに違いない。だが私にとっての黒川紀章は先の東京都知事選挙や参議院選挙に出馬して落選した有名な人、くらいの認識でしかなかった。今は自らの無知無関心を呪わざるにはおれないが、ともかく彼の訃報に触れた私の感想は、「へー、あの人死んだんだ」であった。そんなことよりもよっぽど亀田次男の蛮行の詳細や彼らの今後のことが気になった。ニュースの扱いも、私の興味と同様まったく小さなものであったのだから。
しかし時間がたつにつれ黒川紀章の奥さんである女優若尾文子さんによる彼の最期の言葉が報道されるようになった。
彼の奥さんに向けた最期の言葉は

「本当に好きだったんだから」

だったのだそうだ。
私はこの報道を目の当たりにして、涙を禁じえなかった。そして涙を流しながら思わず微笑んでしまった。それは一人の素晴らしい人生を生きたであろう男への賞賛の涙と笑顔である。
前述のように、私は黒川紀章なる人物について何も知らない。知らない人間の人生を素晴らしい人生と言い切るのはいささか乱暴かと思う。しかし私は心からそう思うのだ。

一人の人間が自分の死期を悟り、限られた余力と時間を持って何を伝えようとするのか?もちろんその内容は人によって違うのであろう。赫々たる業績を積み上げてきた彼にはおそらく語るべきことはたくさんあったであろう。だがそれでも、彼が自ら選んだ最期の一言は感謝でも後悔でもなく、何の衒いも偽りも無い純粋な言葉でただ、

「本当に好きだったんだから」

であった。死に瀕する者の言葉にうそ偽りがあるはずも無く、そのときの夫婦の間にはただ静謐なる時間と、そして完全な愛だけがあったに違いない。
彼は物質的な成功だけでなく、それに伴う地位名声だけでなく、多くの人が望みそして得ることのできない、いささか不遜な言い方になるが、人間にしかえることのできない最高の宝を得たのだと、私は思う。それは彼が成しえてきた他のどんなことよりも価値があることなのだと、私は思う。

私はいまや黒川紀章という人間について非常な興味関心を抱いているが、ここはあえて調べずにおこうと思う。彼についてはその最後の一言で十分わかったような気がするからである。
私のような人間が、このような拙文により黒川紀章という人物について語るは大変おこがましい。だが一言誄を捧げる自由を許してほしい。


黒川紀章
あなたは世界で一番幸せな男です。そしてまたあなたが死に際し発した言葉はあなたの大切な人を世界で一番幸せな女性にしました。
どうか安らかに眠ってください。



注:敬称はあえて略させていただきました。
諸行無常の響きあり
祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず
ただ春の夜の夢のごとし
たけき者もついには滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ


言わずと知れた平家物語の冒頭である。色々と描写してはいるが、はやい話が世の中は無常であるという意味である。当然“沙羅双樹の花の色”も、世の無常観を表している。沙羅双樹とは一般にナツツバキとヒメシャラのことを指す。樹木に興味のある方はご存知かもしれないがこの二つの樹木の花は朝に咲いた可憐な花がその日の夕方には儚くも落ちてしまうのである。無常である。

さてなぜそんなことを書いているかといえば、本ブログ人生スゴロクも、まさに無常観を表すにふさわしいブログだからである。かつて私のブログはさるブログランキングで一位を獲得していた。日本のみならず読者は諸外国に広がり、たくさんの励ましや応援、誹謗中傷のメールをいただいた。
しかし現在のブログは記事を書いた日に10人未満の方が訪れ、そしてその後一日に一人か二人がだけが間違って迷い込む、例えていうならば誰にも目を向けてもらえない路傍に落つるヒメシャラの花のような存在なのである。

しかしである。なぜだか最近記事を書いてもいないのに日に10人以上の来場者を数えている。面妖である。
理由はすぐに露見した。なんと人知れずその命を咲き散らす沙羅の花のようであった私のブログをちょくちょく読み、あまつさえ自らのブログの記事中にてリンクを張ってくださった洒落者がいらっしゃったのであった。来場者が増えた理由はそれである。

あんまり嬉しいので私もリンクを貼らせていただくことにする。

東大卒無職男性(30)の腐った脳みそ

作者であるはめちゃん氏の置かれている状況はまるで映し鏡のごとく私に似通っている。氏の妄想と現実が綯い交ぜになって赤裸々に綴られたブログであるが、どうやら私と時期を同じくして就職活動を始めたあたり、まさに映し鏡である。私のブログを応援してくださる奇特な方々、ぜひ氏のブログのほうにも足を運んでいただきたいと思う。


さてスゴロクのほうであるが、面接まで行かず書類選考で見送りとなった会社が今日で20にのぼった。同じマスでウロウロするのはなかなかに忍耐の要るものである
TOEIC
数少ない読者の方はご存知のように、私は履歴書に書けるような立派な資格を一つも有していない。無論普通免許は持っている。ついでに自動二輪免許を持っている。しかしそんなものは誰もが持っている免許であり、就職において有利であるかどうかと問われれば、その存在価値はゼロである。
未経験はいかんともしがたいが無資格はもしかしたら何とかなるかも知れんと、以前「資格全ガイド」なる分厚い書物を購入したところまでは書いたと思う。そしてそれっきり資格のことには触れていない。
言い訳がましいが、決して忘れていたわけでも、諦めたわけでもない。資格を取るには思っていたよりも時間がかかるということがわかったので、今お伝えできるような進展が全くないため、まるで何事もなかったかのように別の話題でお茶を濁していただけなのである。

日本には多種多様な資格がゴマンとある。誰でも知っている有名な国家試験から、だーれも知らないマイナーな民間資格までさまざまだ。「資格全ガイド」の通読にはそれほど時間はかからなかったが、結局どの資格を取るべきはいまいちわからなかったのである。

どうしたらいいかわからないとき、基本としてはまず原点に立ち返るべきであろう。そう考えた私は、原点、つまり

“なぜ資格を取るのか?”という疑問に立ち返った。

当然答えは

“就職に少しでも有利になるように”である。

前述のように、資格と一口に言ってもさまざまな種類の資格がゴマンとある。まずはその中から就職に有利であろうと思われる資格を選別せねばならない。就職に有利でない資格をたくさん取ることは今の私にとって有意義ではないのである。

まずはサンサーンスを聞きながらのんびりと調べた結果、一概には言えないが大まかに言って民間資格より国家資格のほうが信頼度が高いようだ。うん、まあそりゃそうだろうと思いつつ、筋肉少女帯を聞きながらヘラヘラと「資格全ガイド」の中から国家試験ばかりを抽出していった。次にイングヴェイ・マルムスティーンを聞きながらすばやく営業職の就職に際し有利であろうといわれる資格を選別する作業に入った。

言い忘れていたが私は営業志望である。ほんの数ヶ月前までうつ病だうつ病だと騒いでいた姿からは想像もつかぬであろうが、私は実はお外に出る仕事を好むのである。約8年の長きにわたり研究室にこもりっぱなしで生きている人間とのコミュニケーションの仕方を忘れてしまった姿しか知らぬ友人からは想像も出来ぬであろうが、私は実は死んでいる人間より生きている人間のほうが好きなのである。

話がそれた。

私はインターネットや手元の資料を駆使し、営業に有利であると、ベテラン人事のお歴々が述べている資格を抽出することに成功した。

しかしである。抽出したいくつかの資格の詳細を調べてみれば、そりゃあたしかに有利だろうさ、とため息が出るような資格ばかりであった。つまり持っていればニートに何ぞなる必要はない資格ではあるが、取得するのに時間やお金がかかり、とてもじゃないが今年中に取れるような資格はないのであった。

つまり、使える資格を取得できる頃には私はめでたく31歳を超えており、資格の利点を補って余りある不利な年齢をいくつも重ねてしまうのである。一応その中から一番手っ取り早く取れそうなものをいくつか選んで勉強し始めたが、今年中にはなんとしてでも就職をしたいので、それらに頼ることはやっぱり出来ないのである。

ところで私は英語が堪能である。日本語ほどではもちろんないが、バーで金髪ねーチャンをナンパできるくらいには英語を使いこなすことが出来る。そんな私が真っ先に取るべき資格はTOEICであろう。実は帰ってきたらすぐさま取ろうと思っていたが、のらりくらりと暮らしている間にすっかり時は過ぎ去ってしまった。あわてて最近申し込んだが、一番はやく受けられる試験日は10月の終わりであった。とりあえず今年中に履歴書にかけそうな資格が一つ増えることになるが、果たしてどうだろうか?

TOEICに関しては結果がでしだいご報告する。

そういえば先週面接を受けた会社は1次面接で落ちた。私の人生最初の就職試験は不合格であった。

最近スゴロクはとんと進んでいないが、戦いはまだ始まったばかり。

がんばらなくっちゃ。
人材紹介会社
どうやら人材紹介会社というものは世の中にずいぶんたくさんあるようだ。

私はその中でもいわゆる大手と呼ばれるいくつかの人材紹介会社に紹介を拒否されてしまった。しかしそれも人材紹介会社のシステムを考えれば、もっともであると言わざるを得ない。

そもそも人材紹介会社というものは私のように職を求めている人間の就職、(主に転職だが)を手助けする仕事をしている。彼らは求職者の能力や要望に合った求人をおこなっている会社を求職者に紹介し、求職者がその求人に応募したいと言えば推薦状をつけて求人をおこなっている会社に代行して応募してくれる。彼らは求職者からは一切料金を取らず、就職が決定して初めて求人をおこなっている会社から報酬をもらうシステムになっている。つまり求職者の就職が決まらぬ限り彼らはまったくのただ働きとなってしまうため、結構一生懸命に私のような求職者のために職を探してくれるのである。

さて、ではなぜ大手は私の依頼を断るのか?簡単である。大手の人材紹介会社は、大手であるがゆえに求職者からの依頼は数多い。会社の利益率を上げるためには出来る限りただ働きをする時間を減らさなくてはいけないから、私のように適切な仕事を見つけてやるために時間がかかりそうな人物は初めからお断りするのである。会社が営利団体である以上、これはいたしかたのないことであろう。反対に小さな人材紹介会社は依頼者の数も少ないため、選り好みは出来ず、私のような難しい求職者であっても、一応依頼を受けてくれるのである。

果たして私は小さな人材紹介会社にいくつか登録し、いわゆる大手の人材紹介会社に一つ登録をしている。ここで面白い事実がある。大手の紹介会社の私の担当者は若者であるが、小さな紹介会社はみな年配の方である。
偶然であるかも知れぬ。しかしここは私のたくましき妄想力でもって、この事実を勝手に推察するとこうなる。

大手で私を断らずに受け入れてくれたのはたった1社であった。そこでの私の担当者は明らかに新入社員と思しき方であった。つまりこの会社は私のような難しい求職者をこの新入社員にあてがうことで経験を積ませようというのではないか?無資格無経験30歳の私は、だめでもともとなのである。営利目的だけで言えばお断りする私はだめもとの難しい案件として新入社員教育にちょうどいいのではないだろうか?
反対に小さな紹介会社は依頼者の選り好みをしては商売にならない。おそらく引き受ける依頼の中でも抜きん出て利益を出すのが難しいと思われる私のような案件は海千山千のベテランに割り当て、なんとしてでも就職させ利益を出そうとしなければならないのではないか?

すべては私の妄想である。なんとなれば今週は一つも面接の予定がないのである。あるはずであった面接は書類選考の段階ですべて落ちてしまった。
暇である。はっきり言って暇である。暇すぎてくだらぬ妄想が膨らむばかりなのである。日中は就職活動に備えて空けてあるのである。夕方からのバイトまではまだまだ時間があるのである。

嗚呼、はやくどこかの懐の広い社長が私に働く機会を与えてくれないだろうか?

切に願う。
スザンヌについて
スザンヌが好きである。

あの可憐な笑顔、そしてあのふんわりとした雰囲気。そしてそしてあの天衣無縫の天然っぷり。たまらんのである。彼女がテレビ画面に登場するだけで私の動悸ははやくなる。おそらく顔は赤くなり挙動も不審になっているであろう。一度でも彼女の顔を見れた日は幸せのまま就寝することが可能だが、一度もあの可憐な笑顔を見ることが出来なかった日は、意気消沈し、頭痛、発熱、勃起不全など、様々な症状を引き起こし、枕を涙でぬらすのである。

スザンヌが好きである


、、、ヨタを飛ばしている場合ではない。


前回、9月第3週の3連休、いかに私が寂しく孤独な日々を送ったかということを描写すると書いたが、日々の些事にかまけてサボっておったところ、気がつけばその次の週の3連休も過ぎ、9月が終わろうとしているのである。その間世間ではなんと贔屓の力士白鵬が優勝し、美しい国を作るはずだった首相は71歳のじいさまに代わった。安倍さんにしても福田さんにしても負けてしまった麻生さんにしてもそうなのだが、いったいいつからこの国のリーダーは世襲制になったのかと思う。
ま、本ブログは政治的な話を議論するブログではないので、その話はおいておく。

というわけで、すっかり日がたってしまったので3連休の話はやめにして、先週の就職活動についてお話しする。
私は現在いくつかの人材紹介会社に登録をしている。これには理由がある。求人広告というものは新聞なりネットなり雑誌なり、色んな媒体に数多くのせられているわけだが、30才で社会経験皆無という経歴が、その応募資格に該当することはなかなかない。自分ひとりで闇雲に履歴書を送っても面接までいたらず、お断りのメールが届くばかりである。そこで私は人材紹介会社に助力を頼ることにしたのである。人材紹介会社は依頼者の就職が決まって初めて収益が出る仕事なので、多少応募資格から外れていてもがんばって面接をさせてもらえるように計らってくれる。それでも私の30才経験無し資格なしという経歴は難しいらしく、そもそも紹介できる会社がないとお断りをしてくる紹介会社が5割。仮に仕事を請け負ってくれても書類選考で落とされること7割である。

私と同様の状況にある人がどれほどこのブログを読んでくれているかわからないが、はっきりいって厳しい状況であるとだけ伝えておく。おそらく31歳になればさらに状況は厳しくなるに違いない。

とか言いつつ本人はあまりあせってはいない。長い戦いになるであろう事は初めからわかっていたことである。あきらめず地道に就職活動を続けていくしかないのである。

先週は2つの面接に赴いた。感触としてはそれほど悪くはなかったが、はっきり言って生まれて初めての就職面接だったのでどういう印象を与えたのかよくわからない。

他にも紹介していただいた会社はあったがどうやらすべて書類選考でおちたようだ。面接にまで至らないこの状況は一体どうしたらいいのだろうか?どなたかいいアイディアがあったらお教えいただきたい。


それにしても、ああ、スザンヌはなんと可憐なのであろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。